2006年10月13日

クレジットカード

留学という海外での生活では、クレジットカードは必要不可欠です。

クレジットカードというとあまりよいイメージが思い浮かばないかもしれませんが、それは間違いです。日本はクレジットカードに使い慣れていない、先進国の中の数少ない国と言えるかもしれません。というのも、他人に勝手に使われる危険や、最近の事件などから日本ではあまり一般的とはいえな
ません。しかし、欧米では、コンビニエンスストアからマクドナルドまでクレジットカードで支払うのが不思議ではありません。

クレジットカードの年会費は今では永年無料というも多いですし、ほぼ全てのクレジットカードには盗難の補償があり、2ヶ月〜3ヶ月間さかのぼって人に勝手に使われてしまった分は補償されます。また、支払いも一括で支払えば利子などがかからないというのが常識です。さらに、クレジットカードにはポイントが貯まったりと、さまざまな特典がついております。業界で、実店舗を持つものでは1%のポイント還元が最大です。Yahoo!などのように、インターネット上でサービスを行っている会社では1%以上のものあります。公共料金や携帯電話、インターネット料金などクレジットカードで支払うようにすれば、これだけで毎月相当ポイントが貯まります。このように、クレジットカードは上手に使えば危険よりも、むしろ利益をもたらします。留学直前などと言わずにむしろ、今すぐにでも申し込み得をしてください。下記では、お勧めのカード会社、そしてお勧めのクレジットカードを紹介しています。


VISAまたは、MasterCardが加盟店が豊富でお勧めです。特にVISAは世界一の加盟店を誇りますので、クレジットカードが使える場所で、VISAが使えない場所はほとんどないと言えるでしょう。したがって、1枚はVISAを持って行くのがよいでしょう。一枚はというのも、限度額や紛失・盗難を考えると少なくとも2枚のクレジットカードを持っていくことをお勧めします。
JCBは上記の2つに比べると、海外では使えない場所が多いためお勧めできません。


それでは、次にどこのクレジットカードを作ったらいいのかということですが、口座をお持ちの銀行でもクレジットカード機能付きキャッシュカードがありますので、そちらでもかまわないでしょう。

しかし、長期間の留学では、クレジットカードで数十万使うことも十分ありえますので、便利なポイントが貯まるクレジットカードがお勧めです。確かに、銀行のクレジットカードも何かしらのポイントが貯まりますが、ポイントの還元率や特典に魅力がありません。例えば、住宅ローンの利率が有利になるなど、少し先の長い話しのような特典です。数十年先まで見越すならよいでしょうが、他にも便利な特典が貯まるクレジットカードがあります。以下では、留学にお勧めのクレジットカードを紹介いたします。


@マツモトキヨシメンバーズクレジットカード

大きな特徴は海外でもクレジットカード利用によりポイントが貯めることができることです。国内での利用でしか、ポイントが貯まらないクレジットカードがほとんどの中お勧めの1点です。

年会費 永年無料

特典
・日本中・世界中どこでも、ご利用額の1%がマツモトキヨシ各店でご利用できる「マツモトキヨシ商品券」に。
・海外旅行障害保障
・海外キャッシング
・海外デスク
・手荷物宅配サービス
・eオリコサービス

A

航空会社のJALのクレジットカードで、たまったマイルで航空券を購入したり、ディスカウントに利用できます。就職してからも、JALを利用することはあるでしょうから、一生使えるクレジットカードといえます。


BHOME'S楽天KCカード
こちらも、航空会社ANAとのマイル交換ができます。その他にもさまざまな特典があります。こちら詳細→http://card.homes.co.jp/




exclamation×2年会費や特典はあくまで2006年10月現在の情報で、全てを網羅しているわけではありません。詳細はサイトなどでご確認ください。
posted by ベーグル2.0 at 08:59 | TrackBack(0) | 現地でのお金の調達方法

2006年10月12日

海外でのお金の調達方法

留学において、必ずやらなければいけないことの一つに、海外でのお金の調達方法を確保することです。

これを十分に備えておかなければ、現地で寮費の支払いができない、クレジットカードが一枚のみで、限度額を過ぎてしまい、支払い終了までの間使用不可能になるなど困った事態になります。


海外でのお金の調達方法には大きく5つあります。これらの内少なくとも2つの方法をご用意することをお勧めします。また、作成の期間ですが、もちろん早ければ早いほうがよいのですが、クレジットカードやインターナショナルカードなどどれも作成に1ヶ月ほど用しますので、遅くとも出発の2ヶ月前には作成を開始してください。


@クレジットカード

海外生活の上で必須のアイテムです。日本ではクレジットカードというとあまりよいイメージはなく、学生が使うことはあまりないと思います。しかし、アメリカやヨーロッパ、またその他の国々では、マクドナルドやコンビにの支払いまでクレジットカードで済ますことが珍しくありません。ほとんど全ての学生がと言ってもよいほど、クレジットカードを持っております。また、一部の国では査証(ビザ)申請時にクレジットカードが必要な場合もあります。まだクレジットカードを持っていない場合には速やかに作成しましょう。

クレジットカード作成についてはこちら次項有http://stroadcom.seesaa.net/article/25372149.html

Aインターナショナルカード

日本の銀行口座の預金を海外の提携ATMから現地通貨を引き出せるキャッシュカードです。多くの銀行で取り扱いがありますので、まずはお持ちの口座の銀行に問い合わせてみましょう。銀行によって使用可能地域、手数料、再発行の手続き等が異なりますので、確認してみるのもよいかも知れません。ただし、口座を持たない銀行でインターナショナルカードを作成する際には、もちろん新たに口座を開設する必要があります。したがって、発行にかかる期間などを十分考慮した上で、発行してください。

大手銀行インターナショナルキャッシュカード
・三菱東京UFJ銀行
・みずほ銀行
・三井住友銀行
・新生銀行

Bワールドキャッシュ

シティバンクの口座開設不要のワールドキャッシュカードです。そのため、30分ほどで作成できますので、出発まで期間が短い場合などにもお勧めです。カード自体に入金するわけではありませんが、SuicaやEdyのようにチャージするイメージで、一旦シティバンク指定の口座に振り込み、そこから個別に振り分けられます。

・シティバンク ワールドキャッシュ

C現地通貨現金・トラベラーズチェック

・現地通貨

小額の現地通貨を持って行くと、到着後直ぐに使えて便利です。多額の現地通貨を持っていくことは盗難を考えるとお勧めできません。

・トラベラーズチェック

トラベラーズチェックは銀行、郵便局、空港などで購入することができます。現金と異なり紛失・盗難の際にも、再発行してもらえます。また、トラベラーズチェックは、現金を外貨に交換するよりも、有利なレートで購入できます。さらに、使用期限もありません。現地通貨の代わりとして最初に10万〜20万円分ほど用意していくことをお勧めします。というのも、現地到着直後は通学手段、生活用品、寮費など何かと物入りだからです。特に寮費は、クレジットカードでは支払えない場合がありますので、その際にトラベラーズチェックが役立ちます(寮費がトラベラーズチェックで支払い可能かどうかは十分確認しましょう)

D現地での銀行口座開設

やはり現地の銀行口座を持っている際には、ATMも多く手数料が有利な場合があります。また、アイルランドなどでは、留学生に銀行口座開設を義務付けている国もあります。しかし、国によっては、短期間しか滞在しない留学生に対して、口座開設を行っていない場合や手数料がかかるなどの不利な条件が付けられる場合がありますので、十分考慮の上で開設してください。寮費の支払いなど多額の現金を必要とする支払いに対して、インターナショナルカードやワールドキャッシュカードの準備がある場合には、それほど必要ないかもしれません。
posted by ベーグル2.0 at 01:28 | TrackBack(1) | 現地でのお金の調達方法

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。